お知らせ

コラム

食前酒のススメ

豪雨に猛暑で自律神経も乱れがち。さらには蒸し暑さが続き、だんだんと夏バテの方も出てきました。
冷たい飲食は控えめに・体質に合わせた水分摂取・そしてエアコンはもはや「養生」とも呼び得る時代。まずは適度に季節に対処して心身を落ち着かせましょう。

それでもイマイチ食欲が…
そんな時のひと工夫に、食前酒なんてどうでしょう?

胃は食べた物を消化する(溶かす)ことが主な仕事で、吸収のほとんどは腸の役目。しかしその中でも、水分とアルコールは胃で吸収されます。
お酒を飲むと体がポッとするように、お酒によって胃は充血して活発に動き出します。そうすると空腹感も出やすく食欲がわくほか、食べ物を受け付ける準備が整います。普段なら胃は物が入ってから動き出すため、動き出しが重たく労力を要します。それが、まだ胃が軽い状態から動き出すことによって動き出しの負担が減るわけです。コレ、胃にとってはかなりの楽ちんなんです。
美味しくご飯を食べるための工夫が、体を労わる工夫になっているんですね。

もちろん好きなだけ飲むわけじゃないですよ(笑)
アルコールは肝臓への負担はもちろんのこと、胃を傷めることもあります。また東洋医学では、お酒は単なる水よりも体に浮腫みを残しやすく、最終的には冷えを作って、水毒体質を悪化させることが考えられます。深酒のあとに顔が浮腫むだとか、やたら足を攣るだとか、お腹を壊したり、中には鼻水が止まらないなんて人もいませんか?もちろん頭痛や吐き気など二日酔いにも、水毒の影響は考えられます。

では、どんな飲み方がよいのか?

食前酒としては、お猪口やショットグラス1杯程度でも十分です。フランス料理ならスパークリングワイン、和食なら梅酒などが無難なところでしょうか。
フランス語のアペリティフという言葉の語源には「開く」という意味がり、心やコミュニケーションが開くことで楽しいひと時を過ごすことのほかに、「胃が開く」という意味も捉えられていたそうです。
”弱めの”お酒で1~2杯。そのひと時を楽しみながら、料理もより美味しく頂くため…。さすがは美食の文化、よくできてる。

余談ですが、そう考えたら有名な某薬酒の用法・容量ってとても理に適ってますね(コソッ)
酔っぱらっては元も子もありません。適度に楽しんでいきましょう。

※日本人は遺伝的にお酒に弱い人がいます。飲めない人・好きじゃない人は無理せず控えましょう。

※イラストの配膳位置は・・・ご愛敬ということで。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため
完全予約制の継続について。