鍼灸 芳永堂コラム春、なんとなくだるくありませんか?

お知らせ

コラム

春、なんとなくだるくありませんか?

 

3月に入りいよいよ春に向かって暖かく…ですが、自然界では2月に入れば春の動きが始まっています。

 

気温差や天気の変化も多くなる春先に体調を崩す方が増えてくるのです。

そろそろ草木が芽を出す2~3月頃。昔から「木の芽どき」とか「芽吹きどき」などと呼ばれるこの時季、人間にとっては心身ともに調子を崩しやすいとされています。東洋医学では「春」は思考をコントロールする「肝」が盛んになる季節です。集中力や閃きが増す反面、盛んが故に消費が激しくなり、疲れてくるとコントロールが利かず精神が乱れがち。

やけに気分が落ち着かなかったり、何か気が乗らなかったり…。例えば憂鬱な気分は血流の低下を招くなどして体にも影響を与え、様々な体調不良に繋がります。このように古来から季節と心身の深い関係性が言われています。

 

似たものに5月病というのがあります。あれは4月の年度替わりにおいて新しい環境での緊張感や忙しさに追われ、そこから一時開放されるゴールデンウィークの連休という激しいオンオフが生み出す憂鬱からくるもので(サザエさん症候群のような)、現代のカレンダー事情が生み出す人工的なものと言えるかもしれません。

対して木の芽時は自然の摂理ですので誰しもが影響を受け一定以上に抗うことは困難で、しかし東洋医学にはその影響を調整する知恵があります。「養生」しかり漢方や鍼灸「治療」しかり、春だけでなくそれぞれの季節に沿った生活をすることで元気に過ごすことができ、ある程度の不調は回復できます。

 

特に春の位置づけは、冬に蓄えたエネルギーを夏に向けて運ぶ役割です。春の体調不良は、夏に使うはずだったエネルギーを先に消費してしまうことになり、肝心の夏に夏バテなどの不調きっかけになってしまいます。春をどれだけ快適に過ごせるかによって、夏の体調も変わってくるわけです。

春眠暁を覚えず…ではないですが、盛んになる思考を少し休ませてあげるのも春の養生なのです。養生というと「アレやれコレやれ」と努力することばかり考えがちですが、時にはゆるり過ごすことも大切なのですよ。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため
完全予約制の継続について。